• TOP > 
  • 見えない矯正

矯正装置の見た目が気になっていた方へ
~見えない矯正装置~

矯正治療を受けたいけれど、金属の装置の見た目に抵抗があって、治療をためらっていませんか? そんな方にぜひおすすめしたいのが、周囲から矯正治療中であることがわからないほど、自然な見た目で治療ができる審美矯正治療です。

川崎市麻生区、小田急線「新百合ヶ丘駅」北口より徒歩2分の歯医者「矯正歯科新百合山手クリニック」では、審美矯正治療を得意とする専門医が担当医となって、見えない矯正装置「インビザライン(Invisalign)」と「インコグニート(Incognito)」による治療を行います。誰にも気づかれずに歯並びを整えたい、見た目に違和感なく矯正治療を受けたいという方は、ぜひ一度当院へご相談ください。初診相談は無料です。

審美矯正担当医のご紹介

矯正歯科新百合山手クリニックの審美矯正治療では、歯科先進国アメリカで研鑽を重ねた桜井由美子ドクターが患者様を担当します。審美矯正治療に特化したドクターですので、ご希望の方は、その旨をご予約時にお伝えください。

担当医 桜井 由美子プロフィール
担当医 桜井 由美子プロフィール 経歴 平成14年 明海大学 歯学部 卒業
平成17年 東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 顎顔面矯正学分野 専攻生課程 卒業
平成14年~19年 東京医科歯科大学 矯正歯科 勤務
平成19年~21年 ニューヨーク大学歯学部
小児歯科/矯正歯科
平成21年~22年 Schupak,D.M.D. & Ellis,D.D.S. Orthodontics(NewYork)
Park Avenue Orthodontics(NewYork)
Yon H Lai,D.D.S.,PC(NewYork) 勤務
平成22年6月 東京都港区南青山にて
桜井矯正歯科クリニック 開院
所属 アメリカ矯正歯科学会(AAO)  世界矯正歯科医連盟(WFO)
日本矯正歯科学会東京矯正歯科学会
資格 インビザライン認定ドクター
インコグニート認定ドクター

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インビザライン

「インビザライン」とは、透明なマウスピース状の矯正装置を、定期的に交換しながら歯を段階的に移動させていく矯正方法です。歯型データを採取したのち、専用シミュレーションソフトでマウスピース(インビザライン・アライナー)を設計します。

インビザラインの3つの特徴
目立たない トラブルが少ない 取り外しできる
目立たない トラブルが少ない 取り外しできる
透明なマウスピースですので、装着中も周りの方はほとんど気づきません。治療中の装置の見た目を気にされる方にはぴったりです。 マルチブラケット方式と比較すると、お口の中で違和感があったり痛みを感じたりすることがほとんどありません。また、装置の故障や外れるといったトラブルもありません。 ご自分で着脱ができる装置ですので、食事やブラッシング時には外すことができます。自分の歯のブラッシングも、マウスピースのお手入れも手軽に今までどおりできます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インビザラインに関するご質問~Q&A~
Q治療期間はどれくらいかかりますか?
A

患者様のお口の状態や、それに基づいた治療計画によって個人差がありますが、歯を移動させることに変わりはありませんので、一般的な矯正治療と同じくらいの治療期間となります。

Q治療中の痛みはありませんか?
A

痛みを感じる度合いは個人差が大きいのですが、マルチブラケット方式と比較したときに、痛みや違和感、不快感が少ないのがインビザラインの特長といえます。

Q治療費はどれくらいかかりますか?
A

患者様のお口の状態、症状によって異なります。初診相談(無料)で診察ができれば、おおまかな金額をお伝えすることはできます。また、治療を始められる方には、精密検査後に治療計画を立案し、その内容と一緒に具体的な治療費についてもご説明いたします。当院での治療費目安については、「費用について」を参考にしていただければ幸いです。

Qインビザラインで治療するのに年齢制限はありますか?
A

いいえ、特に年齢制限はございません。混合歯列期(乳歯と永久歯の生え変わり時期)の子供さんから、ご年配の方までどなたにも安心して治療を受けていただけます。なお、10代のお子様向けのインビザライン・ティーンもございます。

インビザライン・ティーン

「インビザライン・ティーン」は、10代のお子様向けの矯正治療システムです。大人のインビザラインと同様に、マウスピースを定期的に交換して、段階的に歯を動かしていきます。子供の矯正治療ならではのトラブルに対応できるよう、さまざまな工夫が施されたシステムです。

インビザライン・ティーンの3つの特徴
装着時間を守りやすい 予備マウスピースあり 歯周組織改善
装着時間を守りやすい 予備マウスピースあり 歯周組織改善
マウスピースには、装着時間で色の変化が確認できる「コンプライアンス・インジケータ」が備えられており、所定の装着時間を守りやすくなります。 子供の矯正治療でありがちな、装置の紛失や破損に備え、片顎6個もしくは両顎3こずつの交換用マウスピースが用意されています。 近年若年性歯周病が増加傾向にあるとされていますが、インビザライン・ティーンでは、治療中に歯周組織の健康改善が期待できると報告されています。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インビザライン・ティーンに関するご質問~Q&A~
Q 他の矯正装置と比べてメリットはありますか?
A

はい、取り外し可能である点が大きなメリットです。食事やブラッシング時には自分で着脱できるため、矯正治療中にありがちなストレスが軽減されます。スポーツや管楽器演奏も問題なく行えます。

Q インビザライン・ティーンは何歳まで受けられますか?
A

インビザライン・ティーンは、永久歯が完全に揃っていない10代のお子さんを対象とし、子供の矯正治療中に起こりがちな課題・問題を改善するシステムです。ただし、子供限定というわけではなく、条件が合えば10代以外の方にもおすすめできます。

Q デンタルケアをしっかりさせたいのですが
A

固定式の矯正装置での「ブラッシングしにくい」「装置に食べ物が挟まる」という問題がないのが、インビザライン・ティーンのメリットです。ご自分で取り外して、治療前と同様にデンタルケアをしていただけます。

Q 通院はどれくらいのペースになりますか?
A

インビザライン・ティーンは、他の装置を使った矯正治療と異なり、1~1.5ヶ月に1度のペースで通院していただくことになります(頻度には個人差があります)。ただし、経過によってはその頻度も変わってくることがあります。順調であれば、次のステージのマウスピースをお渡しできます。

Q 装着時間を守れるか心配です
A

インビザライン・ティーンの治療効果をしっかり獲得しようとすると、担当ドクターの指導のもと、1日に20~22時間程度装着していただく必要があります。この装着時間を守れないと、正しい効果が得られません。インビザライン・ティーンには、「コンプライアンス・インジケータ」がついており、所定の装着時間をクリアしたか視覚的に確認できますので、お子様にも理解していただきやすいかと思います。

インコグニート

「インコグニート」は、歯の裏側(舌側)に独特の装置を取り付けるタイプの、目立たない矯正装置です。インビザラインと同様に、コンピュタースキャニング技術で歯型データを採取したのち、一人ひとりのお口にあわせて精密な装置をオーダーメイドします。このことから、治療効率もアップし、裏側矯正にありがちな治療期間が長くなる問題も抑えられています。

一般的な舌側矯正(リンガルブラケット)と比較したときに、違和感の少ない薄い表面性状であることが、大きく異なります(2015年アップデートより)。また使用する素材は金合金ですので、金属アレルギーが起こりにくいのもメリットです。

インコグニートの特長
  • 周囲に矯正治療中ということをほとんど気づかれない
  • 金合金で作られるため金属アレルギーが起こりにくい
  • 従来の裏側矯正より装置が薄く、口腔内の痛みや違和感が小さい
  • 従来の裏側矯正より会話がしやすく、発音障害も起こりにくい
  • 従来の裏側矯正より治療効率がよく、治療期間が短くなる
  • 従来の裏側矯正より歯の裏側をカバーする面積が広めで、虫歯リスクが低い
  • コンピュータ技術の活用で精密な装置に仕上がり、さらにワイヤーカスタマイズで高い治療
    効果が期待できる(治療期間の短縮)